ご自宅での安置方法

ペット葬儀TOP >> ご自宅での安置方法

体をきれいにします

毛並みを整え、まぶたや口を閉じ尻尾を整えてあげます。
お湯で湿らせた布などで頭部や顔、そして全身をやさしく拭き取ります。
ご遺体から体液が滲み出す場合がありますので、あらかじめご遺体の下にシート等を敷いて、口や肛門周辺をガーゼで拭き取ってください。繰り返し拭いてあげると次第に落ち着きます。

ご遺体を冷やします

箱(棺)の中にお納めするか、お布団やタオルの上に寝かせてあげます。
より良い状態でご安置するために、箱(棺)の中にペットシーツや薄手のタオルを敷いて寝かせてあげる事をおすすめします。

安置方法を決めます

ご家庭にある保冷剤や氷をタオルや袋に包んで、ご遺体の腹部辺りを中心に冷やしてください。
特に夏場については、腹部や背中、頭部も冷やしてあげる事をおすすめします。
また、保冷剤や氷は適時にお取り替えください。

安置場所を決めます

ペットが愛着のある部屋に、愛用していたマットやタオル等を敷いてご安置できれば理想的ですが、できるだけ涼しいお部屋、場所を選びご安置する事をおすすめします。
また、ご遺体の周りには、好きだった食べ物や、愛用していたおもちゃ、お水と生花を置いてあげるのもいいでしょう。
保冷剤や氷で冷やしている場合は箱(棺)等にお納めし、ふたを閉じることで、より良い状態でご安置ができます。

葬送の形態に決まり事はありません。飼い主様・ご家族様がご相談のうえ、亡くなられたペットちゃんを想い、納得のいく形で旅立ちを見送るのがいいでしょう。
ご家族の皆様が、亡きペットちゃんを心から愛おしむ気持ちが、何よりも一番のご供養です。